RECore Fusion

もっと手軽に、
もっと高度に、
そしてもっと高速に。

研究、教育、様々な場面でRECoreをさらに理想的な存在にするため、拡張ユニットをご用意しました。
ハードウェア構築の手軽さはそのままに、環境構築とプログラムの実行にかかる時間がさらに削減できました。そしてより高度で、応用的なプログラムに対応できるようになりました。

高速なコード実行と専用ライブラリが、開発を加速。

インターネット接続不要のブラウザプログラミン環境。

開発環境はハードウェアにインストール済みで、環境構築不要。

RECoreのための
拡張ユニットです。

Raspberry Piをドッキング

RECoreをさらに理想的な存在にするため、RECoreのためにRaspberry Pi拡張ユニットを開発しました。
RECoreのハードウェア構築の手軽さをそのままに、ネットワーク、画像処理、機械学習などのテクノロジーを組み合わせたロボットのアイディアが、これまで以上に簡単に実現できるようになります。

RECoreでできることが、さらに広がります。

ブラウザから
ハードウェアをプログラミング。

インターネット接続不要でどこでも使える開発環境

ブラウザからアクセスするだけで、Jupyter notebookとPythonがすぐに使えるハードウェアプログラミング環境をご用意しました。PCを始め各種タブレットからも利用可能で、様々な環境でご利用いただくことができます。
必要なソフトウェアはRECore Fusionにインストールされているため、インターネット接続の必要はなく、どこでもすぐに開発環境にアクセスすることができます。
プログラムはコンパイルが不要になり即座に実行されるため、結果の確認と修正のプロセスが短時間で効率的に、これまで以上にスムーズになります。

このスピードは、創造性を更に加速させます。

まるでひとつの
装置のように。

シームレスなプログラミング体験

RaspberryPiとRECoreをまるでひとつの装置として使えるように、専用のライブラリとプログラムを開発しました。PythonコードでRECoreを直接コントロールすることも、RECoreからの情報を取得することも可能です。

シングルボードコンピューターからマイコンなどのハードウェアを扱うために必要だった多くの手間は、もう不要です。