RECore

どんなロボットを作りたいですか?

そのアイディアをすぐに形にしましょう。
走行ロボット、ロボットアーム、歩行ロボットのアイディアからちょっとした装置の自動化まで。
4つのモータードライバーとマイコン、IMU、そしてバッテリーを1つのモジュールにまとめた「ロボットの種」を作りました。

プロトタイピングが加速する

これまでロボットのプロトタイピングを始めるには、様々な部品の用意と構築が必要でした。しかしこの作業はプロトタイピングの本質ではありません。オムニメントは、よりシンプルなプロトタイピング作業を提供したいと考えました。
ロボット製作でよく使われる部品について考え、DCモータードライバー、姿勢センサー、充電器そしてMCUと通信装置を一つのボードに統合し、さらにバッテリーまで一つのパッケージにまとめました。
ユーザーはパッケージからRECoreを取り出し、すぐにロボットを製作することができます。
RECoreで、プロトタイピングは加速します。

汎用性を持った4chモータードライバー

RECoreに搭載されたモータードライバーは、汎用性と安全性を兼ね備えています。 プログラムにより1A*1までのDCモーター、2倍電流のDCモーター、そしてステッピングモーターが接続できます。 これらはすべて、プログラムで制御できる電流制限機能が使用できます。
これにより安全にモーターを使用することができます。
*1 温度条件により電流が更に制限される場合があります

高速なMCUを採用

RECoreにはSTMicroelectronics社製 STM32G431を搭載。
FPUを搭載した最高170MhzのArm® Cortex®-M4F MCUは、ArduinoUNOと比較して最高366倍(当社比)の計算速度にもなります。
これにより複雑な計算が必要な制御でも高速に処理することが可能で、より様々な用途で応用することができます。

ArduinoIDEで開発

RECoreをより簡単に使用していただくために、ArduinoIDE用のボードデータとライブラリを用意しました。
プログラムはUSBシリアル経由でRECoreに転送することが可能です。ケーブル一本で充電からプログラムまで行うことが可能です。

購入する

RECoreはOMNIMENT STORE、または取り扱い店舗にてご購入いただけます。

>詳しくはこちら

サポート・トレーニング

RECoreについてのより詳しい情報とトラブルシューティングの他、アイディアを形にするために、チュートリアルとコードアイディアをご用意しています。

>詳しくはこちら

教育

RECoreを企業や学校の教育に使いませんか?
教育のためのスターターキットや教育用途に向けたカスタマイズをご提案しています。

受託開発

オムニメントで、RECoreで検証したアイディアを製品へとつなげるお手伝いができるかもしれません。
受託開発のご相談も受け付けております。

>お問い合わせはこちら